tsutaeの作品お取り扱いについて

2017年9月から2018年2月まで展示会を重ね、今シーズンはこれまで以上に多くの方々にtsutaeのストールを手に取っていただきました。
そこで、改めてストールのお取り扱いについてお知らせいたします。
以下、ご一読頂き参考にしていただけますと幸いです。

tsutaeのストールは主に残糸を使用しています。
残糸以外で一般に流通している糸も良いと思ったものは選んでいますが、それぞれに縮絨率、太さ、撚糸の工程など様々です。
それらを、いわゆる一般的な「品質管理」の概念にとらわれずひとつの作品に織り込むことでtsutaeの作品は生まれています。
組成も残糸を多様しているため、厳密には表示しきれないが部分があります。
こういった理由から、時にクリーニング店でも思わぬ変化を招くことがあります。

お買い上げ時の風合いを長くお楽しみいただくためにも、ご面倒ではありますがご家庭でのつけおき洗い、押し洗い、振り洗いなど、できるだけ作品に刺激を与えないお洗濯方法をお勧めしております。

-お洗濯方法-
ぬるま湯(36℃〜38℃くらい)に洗剤を溶かし、そこへ作品を5分〜10分ほど浸けます。その後優しく、押し洗い、振り洗いなどで汚れを浮かせ、同じくぬるま湯ですすぎます。脱水は1~2分ほど軽くしていただければ大丈夫です。
(あまり長くするとシワがついてしまいます。)
シワが気になる場合は干しながら形を整えていただくか、スチームアイロンで蒸気をしっかりと当ててシワを伸ばしてあげてください。

食べ物やソースなどの強い汚れでない場合は上記の限りではありません。
シーズンオフでのお手入れは、よく晴れた日に作品の毛を立たせるように数回広げて振ったあと、天日干しを2~3時間して湿気を飛ばし、湿度の低いところへ保管してください。

みなさんそれぞれの手に届いたストールは、厳密な言い方をすればやっぱりそれぞれに違う作品です。
こんな言い方をするとこれまでの説明が元も子もないのですが、上記のお取り扱いを守っていただければ最低10年は肌さわりが変わりません、なんてことも言えません。
それでも、tsutaeの作品を手に取ってくださった方々とは、僕が死ぬまで責任もってお付き合いさせていただきたいと考えています。
どんな小さなことでも構いませんので、気になることや不安なことがありましたら、ご連絡くださいませ。

お問い合わせはこちらから  →    ◯◯◯

冬の寒さが待ち遠しくなるようなストールを、これからも織り続けられるよう精進を重ねます。